障害福祉サービス事業所 さくら草

節分

2015-02-03

2月3日の節分とは、冬が終わり立春(暦の上では春)となるその前日に春の訪れを喜ぶ行事です。
邪気を払うために豆まきを行います。
豆をまくのは、「豆」が「魔目」と読め、鬼の目を意味するからと言われています。

この行事を今日、皆さんで行いました。

「鬼は外、福は内」と大きな声で、邪気を払い、福を呼び込みました。
職員と希望された利用者さんが鬼になり、利用者さんが思いっきり鬼に向けて豆をぶつけて、
さくら草から、邪気を追い払いました。
皆さんが幸せに過ごせますように(^^)

節分  鬼退治豆まき  鬼がきた~

カテゴリー: 活動日記