障害福祉サービス事業所 さくら草

2019年暖家宿泊旅行

2019-06-21
2019年6月14,15日と静岡へ一泊旅行に行きました。

大型バスで揺られること4時間・・・今回の旅行のメインの大井川鉄道へ!!




さくら草開所から間もなくから利用して頂いている利用者の方が、5年以上前から
「大井川鉄道に行きたい」と旅行の企画をするたびに話をされており、その思いに応
えるべく2月頃から企画を始めました。







 

今回の旅行の行程は、大井川鉄道→三保の松原→ホテル(一日目) 日本平動物園→
日本平夢テラス(二日目)の行程でした。

 

当日、早い人で6時に迎えの人もおられましたが、集合時間に遅れることなく集ま
り、7時40分にバスが出発しました。

前述の利用者さんは念願の大井川鉄道と言う事で、行きの車中からもう楽しみで仕方ない
ご様子でした。

 

梅雨の時期と言う事で、天気を皆が心配していました。一日目は曇りではありました
が雨も降らず、過ごしやすい気候。

大井川鉄道の汽車には当然エアコンもありませんので、丁度良かったかと思います。


レトロな雰囲気で、年配の職員は「幼い頃を思い出す」と当時のことを振り返ってい
ました。当時のことを知らない利用者、職員にとってはなかなかできない体験であっ
たように思います。

車中では車掌さんがハーモニカを吹いて下さったり、車内販売があり、特に車内販売
には何人かの利用者さんが興味を強く示し色々とお土産を購入もされていました。

車内からは大井川の雄大な景色が鑑賞でき、また、トンネルに入る前に警告のための
汽笛が鳴ったりして約一時間日常では味わえない貴重な時間を過ごすことが出来まし
た。

 



大井川鉄道を後にし、三保の松原へ移動。駐車場から松原へのんびりと散歩。たくさ
んの観光旅行者と共に富士山が見れるかと期待しましたが曇天のため富士山が姿を現
してくれることはありませんでした。

 

残念な結果でしたが、ホテルをめざし移動。持ってきたはずの荷物が一つ足りな
い!!と騒ぎになりましたが、バスの荷台の奥に残っていて一安心。

お風呂に入る人、ゆっくりと部屋で過ごす人に分かれて休憩。


 

夕食は豪華なメニューで、普段は2つの事業所に分かれていますが、皆で食事を囲む
のもなかなかない機会でしたので、賑やかな食事となり楽しんでもらえたかと思いま
す。

今年は当法人の理事長が還暦ということでささやかなお祝いもあり、職員と利用者さ
んから祝ってもらい理事長もご満悦な表情でした。


夕食後半には、奇跡的に富士山が姿を現し、皆でその雄大な姿を眺めることが出来ま
した。

 

夕食後は温泉と露天風呂で一日の疲れを癒し就寝となりました。

 

朝食はバイキング。これも日常では経験できない食事スタイルで慣れない中、自分の
好きな物を「選ぶ」ことは貴重な経験であったと思います。

 

二日目はあいにくの小雨から始まり、日本平動物園へ。大きな声では言えませんが、
天候が良くなかったということもあって、あまり人も大勢みえず、のんびりと回られ
たように思います。前日、興奮と環境の変化もあって寝不足気味の人もいましたが足
取り軽く皆さん良い表情でした。

 


その後雨脚は強まり、昼食時はまさかの横殴りの雨に。。。昼食のさくらえびのかき
揚げやうどんの御膳で、朝がバイキングてあったのを忘れるほど、皆さんしっかりと
食べられています。

 

旅行の間、事故も怪我もなく、体調を崩される方も見えず、皆さんの笑顔がたくさん
見られたことを職員一同嬉しく思うのと、ここ2年間は集団での旅行の反省から小グ
ループでの旅行でしたが、あえて再び集団での旅行にしてみて、集団の良さというの
も強く実感した旅行でした。今後もそれぞれの良さを検討しながら企画していきたい
と思います。